水素水ダイエットは血液中の脂肪代謝を上げる事で痩せる?

水素水ダイエットをご存じですか?テレビでダイエットをするときに血液をサラサラにするために飲んでいてダイエットに効果的だという事です。

血液中の脂肪を代謝する事でダイエットに効果的だという事です。水素水ダイエットにはまだまだ可能性がありますし、他にも水素水で痩せるには理由があります。

水素水を飲むとグレリンが分泌される

グレリンというホルモンが分泌されるのは、空腹時に分泌されるホルモンです。胃から分泌する・

副交感神経を優位になるので脳神経を保護する働きがありますが、成長ホルモンも多く分泌する働きがあります。そのため、食欲を増進させてしまうので、ダイエットとは逆効果になってしまうと思いますが、大丈夫です。

ですが、食欲よりも体脂肪をエネルギーとして消費する力の方が勝るのでダイエットにはいいわけです。肝臓に蓄えているグリコーゲンをブドウ糖に替えてエネルギーとして買えます。

成長ホルモンが分泌されれば、筋肉量が増えますし、太りにくい体質になります。肌機能を整えて、美肌効果も期待が出来る

FGF-21というホルモンを増加させる

水素を摂取する事で、肝臓ホルモンFGF-21というホルモンが分泌されます。脂肪燃焼効果が高くなるので体脂肪も増えずに済むので肝脂肪にもならずに済むし、中性脂肪も増えずに済むので血糖値の上昇を抑える事にもつながります。

ただ、勘違いしてはいけないのが、水素を飲めばダイエットに成功出来るわけではないという事です。水素水を飲んで本当に痩せるのえはあればこの世にデブは存在しない事になります。

だから、水素水を飲む事で、ダイエットするのならやっぱりちゃんと運動もしないと痩せるのは難しいです。

有酸素運動に加えて水素水を飲む事で悪玉活性酸素を除去することが出来るので次の日に疲労を残すのを防ぐ事が出来ます。

だから、水素水だけで痩せるなんで思わない事です。しっかり水素と運動を組み合わせる事でダイエットに成功すると考えています。

やっぱり三カ月ぐらい程度はしっかりとやる必要があります。

コメントを残す