水素水の効果的な飲み方と1日の摂取量とは?

水素水を飲むときの効果的な飲み方と1日の摂取量を徹底解明していきましょう。まずは、水素水の1日の摂取量です。

1日の摂取量とは?

水素水の1日の摂取量は決まっていませんが、水素の摂取量が少ないのはダメです。水素の摂取量が少ないとそれだけ悪玉活性酸素を除去することが出来ません。

水素の摂取量としては、水素濃度が0.8ppm以上で水素水量が500mlの物がお勧めです。水素水をそれだけたくさんの物のめれば十分ではないかと考えています。水素水は別に危険な飲み物ではないので過剰に摂取しても問題はない飲み物です。

副作用も特に報告もされていないので安心して飲めるのではないかと思います。
過剰摂取しても水素は宇宙一地裁分子でもあるので肌からも水素は抜けていきますし、悪玉活性酸素と反応した後も自らが酸化するようなビタミンではなく水となって体外にでていくので、非常に安全な飲み物だといえます。

たくさん飲んでも平気かな?と心配しているのであれば、安心sていのんでもらって大丈夫です。ただ、水素水をたくさん飲むとトイレが近くなったりするのでそれだけで水素の効果を実感できるという証拠でもあります。

水素水の効果的な飲み方とは?

水素水の効果的な飲み方のポイントは2つあります。まず、1つが悪玉活性酸素が多く輩出されたときに水素水を合わせて飲むという事です。

例えば、運動直後というのは、ミトコンドリアがエネルギーを非常に多く使っているのでそれだけ活性酸素を排出しています。そのときに水素水を飲む事で効率的に悪玉活性酸素を除去する事が出来ます。

ストレスをたくさん抱えていたりする時期は水素水は効果的かもしれません。

もう一つは、週に1、2回は水素を大量に摂取するという事です。そうする事でより水素水の効果が分かるというお話です。週に1回は、水素を大量に飲む事で一気に体に活性酸素を除去することでリセットされるという感じなのでしょうか?

水素水を飲むときは、こ2つを意識してみてはどうでしょうか?

コメントを残す