水素水が疲労回復に良い理由とは?ミトコンドリアが重要

水素水には疲労回復が非常に重要な働きだと言われています。水素水が疲労回復にいい理由は2つ考えられています。

1つめは、疲労物質である乳酸が水素水を飲む事で溜りにくいというデータあり論文でも発表されているそうです。乳酸が溜らなければ疲労も蓄積されないという事です。

もう一つは、ミトコンドリアと大きく関係しているのではないかと言われています。

ミトコンドリアの質と量が少ないと疲労を多くさせる

疲労の原因はミトコンドリアが関係しているのではないかと思われます。ミトコンドリアの質や量が少ないと1つ1つのミトコンドリアにかかる負担が非常に増えてそれだけエネルギーを作るときに効率的に作る事が出来ません。

そのため、体に負担がかかるのでどうしても疲れてしまいます。そのときに悪玉活性酸素を発生するのが原因だと思います。

そこで、ミトコンドリアの質と量を改善する事が必要不可欠です。改善するためには、水素水が非常に役に立ちます。水素水を飲む事でATPという物質が多くなったというデータがあります。それだけ、エネルギーを作る効率が上がったわけなので水素水はミトコンドリアの質を改善するのにやくにたつわけです。

ミトコンドリアを改善するのは、水素水だけではありません。普段から体にエネルギーが必要だという事を感じさせる事でミトコンドリアがもっと頑張らないとと思い、量が増えます。すると、ミトコンドリアの量が増えればそれだけ1つ当たりのミトコンドリアの負担が軽減されるので、ミトコンドリアの質が改善されるという事です。

つまり、ミトコンドリアを改善する事でいくら動いても疲れなかった子供の頃のような体質にまで戻るかもしれません。正確には戻らないですが、年齢相応にまで改善する事が出来るのではないかと思います。

普段から毎日ランニングをするとか、筋トレをする、姿勢を正すだけでも体はエネルギーを消費するわけなのでそれだけミトコンドリアが必要だと感じるわけです。

それに合わせて水素水を飲めばより効果的にミトコンドリアを改善する事につながるわけですね。

コメントを残す