水素水と水素サプリではどちらを飲むのがいいのか?

水素が注目されてから水素に関する商品は非常に多く生まれました。そこで、注目されたのが、水素水と水素サプリの2つです。

この2つは、水素を体に摂取する意味では同じですが、感じる事が出来る効果はかなり違うように思います。当サイトでは水素サプリの方がより効果を感じやすいのではないかと思います。まずは、水素水と水素サプリの違いというよりもそれぞれの特徴を見る事が大切ではないかと思います。

水素水の特徴とは?

水素水は、水の中に水素が溶け込んでいる状態です。正確に溶けているわけではありませんが、溶け込んでいると思ってもらった方が分かりやすいかと思います。

水素水を飲むときに重要なのが、水素濃度です。水素水に明確な定義がないので水素が入っていれば水素水として販売しても問題はないとという事です。これから、何かが変わって販売できなくなる可能性はあります。

水素水を選ぶときは、水素濃度が0.8ppm以上の物を飲むようにしましょう。そうでないと水素水を飲んでいる意味がないと言われています。

水素水の場合は、体内に入って吸収されても悪玉活性酸素が発生していなければ意味がありません。悪玉活性酸素が多く排出されているときに水素水を飲むのがいいです。例えば、運動直後であったり、ストレスを抱えているときに発生します。

だから、そのタイミングで水素水を飲むのがベストだと考えています。

水素サプリの特徴とは?

水素サプリは、水素水と違い水素がサプリメントの中に含まれているわけではありません。水素サプリが体内に入っていき水分と反応して水素が発生する仕組みです。

水素水との最大の違いは水素が発生する時間です。水素サプリは、平均では5時間~8時間程水素が発生します。

その間は、水素を体内から摂取する事が出来るので効率的に摂取する事が出来るんです。長い物だと水素発生時間は最大で24時間も発生する物があります。

それだけ、長時間水素を摂取する事が出来るので水素の効果を感じる事が出来ると思います。また、水素を吸収すると交感神経から副交感神経が優位になりリラックスした状態になります。

そのため、緊張も解けて眠気に襲われる事があります。眠気に襲われる事もあるので寝る前に水素sパウリを飲むのがいいではないかと思います。

当サイトの結論としては、水素水と水素サプリでは水素サプリの方が長時間水素を摂取する事が出来るので、水素サプリがお勧めです。

水分補給も水素水で摂取したいなら水素水がお勧めです。

コメントを残す